前歯のセラミック治療

前歯治療のポイント

前歯治療のポイント前歯の治療は何度もやり返すことはできませんし、やり返すべきではありません。再度治療をする場合には少なからず歯を削ってしまい負担が必ずかかります。修復治療も根管治療もクラウンやブリッジも全てが一発勝負となり非常に重要です。きちんとした治療計画を用い、最善の材料を使用して、丁寧で確かな技術での治療が求められます。
前歯の悩みを解決するには患者様一人一人によって様々な治療手段があります。治療の基本である根管治療はもちろんのこと、他にも歯周治療、骨造成、歯肉移植、歯肉切除、破損して折れた歯の接着、エクストルージョン、抜歯窩保存術など様々な治療が必要となります。それらは歯科用CTやマイクロスコープを使い精密に検査し、正確な診断があって初めて活かされます。そして正しい検査診断の判定をもって、しっかりとした治療計画と最善の材料を用いる確実性の高い治療計画が前歯の治療には必要不可欠となります。治療計画の立案は、歯科医師の豊富な知識と経験、確かな技術スキルが問われます。どのような治療が自分自身にとって最良なのかは、お一人で悩まずに治癒オプションを多く持つ、知識と経験の深い当院の歯科医師にご相談の上で治療方法・方針を決めていきましょう。

前歯が欠けた、破折してしまったら

前歯が欠けた、破折してしまったら前歯が「欠けた」「折れた」「ぶつけた」などの外傷は、歯が大きく揺れたり腫れたり、出血を伴ったりもします。特に歯の外傷が出た当初は症状が大きく出やすいために、一般的な歯科医院では診断や処置がおおげさになりがちです。すぐに神経を取ってしまう歯科医師もいます。
しかし、その歯や神経を残せるかどうかは、歯科医師の技術スキルも大きく関係します。歯や神経を抜いたりする後戻りのできない処置は慌てず急がすに、まずは腫れをおさめたり出血を止めたり痛みを無くしたりする消炎処置をしてから、落ち着いて再診断をし、治療法を確立するべきです。
歯の接着処置や神経を取り除く施術は非常にデリケートで繊細な作業となるので、第一次の処置がとても大切になります。慌てずに落ち着いて対処しましょう。

※当院では、歯を残すこと、歯の神経を保存すること第一に考え最善を尽くしております。前歯が折れてしまった、大きく欠けてしまった、折れて神経が露出してしまった、前歯の差し歯が歯根ごと折れてしまった場合など、是非当院にご相談下さい。

前歯の治療

ラミネートべニア

長期的にラミネートベニヤを保つには歯の表層部のエナメル質にセラミックを接着する必要があります。そのため、歯を削る量には限界があり、形態の変更には限界があり、変色が強い歯は適応できない場合もあります。 ラミネートベニヤの一番の特徴は、歯の表面に薄いセラミックを張り付ける事で、透明感のある自然な美しさが再現できます。

セラミッククラウン

セラミッククラウン高いレベルでの審美回復に期待ができ、天然歯に比べても着色が少なく、長期的に審美性を維持することが可能です。

こんなお悩みの方が審美歯科治療を受けています。

このような症状を審美歯科で相談できます

歯並びに関連すること
  • 綺麗な歯並びにしたい
  • 歯を矯正したい
  • 出っ歯を治したい
  • 歯と歯のすき間、すきっ歯を治したい
歯が抜けた、欠けた
  • 前歯が折れて人前で笑えなくなった
  • 歯が抜けて食事が不便に、活舌が悪くなった
治療後の見た目について
  • 銀歯などの金属部分が目立って嫌だ
  • 差し歯の色が周囲の歯と違って気になる
  • 詰め物が合わず違和感がある
白い歯にしたい
  • タバコや飲食物で歯が黄ばんでいる
  • 白い歯で人に良い印象を与えたい

当院のセラミックの種類

詰め物

レジン(プラスチック)【保険診療】

小さいむし歯ができたときに詰めるプラスチック樹脂です。

メリット
  • 保険適用のため安価です。
  • 型をとる必要がないため1回の治療で終わります。
  • 色が白く治療跡が目立ちにくいです。
デメリット
  • プラスチックのため割れたり欠けたりしやすいです(広範囲のむし歯治療に向いていません)。
  • プラスチックのため変色しやすく劣化してくるので、2次むし歯ができやすいです。
銀合金【保険診療】

銀歯のつめものことを指します。

メリット
  • 保険適用で安価です。
  • 硬く頑丈な材料です。
デメリット
  • 歯質よりも硬いため、金属のふちから歯が欠けたり割れたりしやすいため、2次むし歯がおこりやすいです。
  • 腐食しやすく4年毎で交換の必要性が高いです。
金合金【自費診療】

金歯の詰め物のことを指します。

メリット
  • 天然歯に近い硬さのため適合性が高く2次むし歯ができにくいです。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 見た目が悪いため、詰め物の場所を選びます。
  • 保険適用外のため高価です。
ハイブリッド【自費診療】

セラミックとプラスチックの中間の素材です。 

メリット
  • プラスチックが含まれ、噛み合わせにより少しずつ磨耗していきますので、支えている歯や噛み合わせる歯に対して無理な力をかけません。
デメリット
  • プラスチックが含まれているため、長期間使用していると材料の劣化および変色が起こります。
  • 保険適用外になります。
セラミック【自費診療】

人工ダイヤモンドなどに使われるジルコニアにセラミックを焼き付けたものです。 

メリット
  • 金属に匹敵する強度であり、金属アレルギーがないので安心して使えます。また、メタルボンドセラミックより光の透過が良く、審美性に優れています。
  • 歯茎にも黒いラインが出ません。
デメリット
  • 保険適用外です。

前歯の被せ物

レジン前装冠【保険診療】

金属の上にプラスチックを被せた被せ物です。
犬歯までは保険適用で被せられます。

メリット
  • 保険適用で安価です。
  • 色が白く、中が金属なので頑丈です。
デメリット
  • プラスチックが含まれるため3~4年ほどで変色します。
  • プラスチックが含まれるため割れたり、欠けたりしやすいです。
  • 表面がプラスチックであるため、食べ物がくっつきやすいです。
セラミック(ジルコニア)【自費診療】

人工ダイヤモンドなどに使われるジルコニアにセラミックを焼き付けたものです。

メリット
  • 金属に匹敵する強度であり、金属アレルギーがないので安心して使えます。また、メタルボンドセラミックより光の透過が良く、審美性に優れています。
  • 歯茎にも黒いラインが出ません。
デメリット
  • 光の透過度が高いため、被せる歯が黒かったり、金属があったりすると透ける場合があります。
  • 保険適用外になります。
メタルボンドセラミック【自費診療】

表面をセラミックで覆い、内側が銀合金でできた被せ物です。 

メリット
  • セラミックで覆われているため美しく、変色しにくいです。
  • 頑丈で摩耗しにくいです。
  • 清掃性が高く汚れにくい特徴を持っています。
デメリット
  • 内側が銀合金でできているため、透明感が少ないです。
  • 保険適用外になります。

奥歯の被せ物

銀合金【保険診療】

銀歯の被せ物のことを指します。 

メリット
  • 保険適用で安価です。
  • 硬くて頑丈な材料です。
デメリット
  • 歯質よりも硬く、金属のふちから歯が欠たり割れたりしやすいため、2次むし歯が起こりやすいです。
  • 腐食しやすいため、4年ほどで交換する必要が起きやすいです。
金合金【自費診療】

金歯の被せ物のことを指します。 

メリット
  • 天然歯に近い硬さのため適合性が高く、2次むし歯ができにくいです。
  • 金属アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 見た目が目立つため、入れる場所を選びます。
  • 保険適用外のため高価です。
オールジルコニア【自費診療】

ジルコニア素材のみを使用しているため、強度・耐久性に優れ、審美性も高いです。 

メリット
  • 一般的なセラミックよりも強度が高く、奥歯の被せ物として最適な素材です。また、金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心してご使用できます。
デメリット
  • オールセラミックに比べて審美性はやや劣ります。
  • 保険適用外のため高価です。
メタルボンドセラミック【自費診療】

金属にセラミックを焼き付けたものです。

メリット
  • 審美性と耐久性を求められる方に最適です。
デメリット
  • オールセラミックに比べて透明感は劣ります。
  • 保険適用外のため高価です。
セラミック(ジルコニア)【自費診療】

人工ダイヤモンドなどに使われるジルコニアにセラミックを焼き付けたものです。

メリット
  • 金属に匹敵する強度であり、金属アレルギーがないので安心して使えます。
  • メタルボンドセラミックより光の透過が良く、審美性に優れています。
  • 歯茎にも黒いラインが出ません。
デメリット
  • 光の透過度が高いため、被せる歯が黒かったり、金属があったりすると透ける場合があります。
  • 保険適用外になります。
一番上に戻る
web予約