歯科治療が不安・怖いと感じている方へ

麻酔専門医による静脈内鎮静法(セデーション)

麻酔専門医による静脈内鎮静法インプラントの外科手術は、局所麻酔で歯ぐきに駐車する方法が一般的で、この局所麻酔のみで行っても痛みがありません。しかし、歯科治療というだけで恐怖心や不安、過去のトラウマがあり、怖くてすくんでしまうなどの緊張で、しっかりと治療ができる状態にならない方もいらっしゃいます。
静脈内鎮静法(セデ―ション)とは、鎮痛薬を麻酔専門医が静脈内に直接注入し、麻酔状態をもたらす精神鎮静法です。
静脈内鎮静法(セデ―ション)にはストレスを軽減し精神の緊張状態を緩和させる効果があるので、このような不安を解消し、治療をスムーズかつ安全に進めることに繋がります。
全身麻酔とは違い意識がなくなることはありません。また、健忘作用もあり、治療中は眠っているようなウトウトしたぼんやり状態なので、治療中の記憶が残っていなかったり、なんとなくしか覚えていなかったりという効果もあります。チラックスした状態で治療を受けることができるので、時間の感覚も麻痺し、治療時間が実際よりも短く感じあっという間に治療が終わったと感じる人も多いです。

適応となる方
  • 歯科治療に不安や恐怖心を持たれている方
  • 歯科治療の際、吐き気や脳貧血を起こしたりしてしまう方
  • 高血圧症、心臓病などの持病を持っている方
  • おう吐反射が強い方

静脈内鎮静法とその他の麻酔の違いって?

静脈内鎮静法の他にも、嘔吐反射が強い方や歯科治療への恐怖心を持たれている方に対して笑気吸入鎮静法や全身麻酔といったものがあります。
全てにおいて麻酔科専門医が立ち会いますが、簡単に説明をすると

笑気吸入鎮静法

弱い鎮静・睡眠作用と鎮痛作用があります。
笑気は正式には亜酸化窒素(N2O)といい、吸入麻酔薬の一種です。鎮静・睡眠作用と鎮痛作用を合わせて麻酔作用と呼びますが、笑気は弱い鎮静・睡眠作用と鎮静・睡眠作用と鎮静作用を持っているところが特徴です。
笑気吸入鎮静法によってリラックスができると同時に痛みも感じにくくなります。

全身麻酔

全身麻酔は、文字通り体の全体を麻酔する麻酔法です。
主に障害を持たれている方や、極度に歯科治療に恐怖心を持たれている方に該当します。

一番上に戻る
web予約